日本語カリキュラム

SISでは生徒の能力や習得度に合わせて授業内容を工夫し、それぞれの生徒の習得を支援し高めていけるよう努力しています。日本語が母国語レベルの児童には「国語」としての授業を、それ以外の児童には「第二言語としての日本語」(JSL)の授業を実施しています。「国語」グループには、日本の公立校で実施されているカリキュラムや学習目的に沿った授業を展開し、「JSL」対象者にはより柔軟な授業内容を施します。JSL対象者の保護者の皆さんには、担当教師と相談して、年度内の達成目標を設定していただくことができます。

品川インターナショナルスクール(SIS)では、レッスン活動内容を差別化し、また、タスクを個別化することで、あらゆるレベルの生徒をサポートする日本語カリキュラムの提供に努めています。 日本語学習グループは、日本語を母国語とする生徒のための「国語グループ」と、第二言語として学習する「日本語(JSL)グループ」の2つです。 「国語グループ」は、日本の公立学校で使用されている、国が定めるカリキュラムと学習目標に従います。 「JSLグループ」の学生への指導については、柔軟に対応しています。 「JSLグループ」の保護者は、学年末までに生徒が達成したい具体的な学習目標について、日本語の講師と話し合うことが可能です。


X